レビュー評価満点!クチコミ評価の高い5つ星★シーン別ギフトをご紹介

2014年04月20日

ニキビ跡 赤み 頬

ニキビ跡の赤みが頬に残っていて、消したいと思う人が
やってはいけないことを書きます。

まず美容皮膚科には決して行ってはいけません。というか
お医者様によってこういった頬のニキビ跡の赤みを治すという
発想は捨てたほうがいいでしょう。お医者様はどうにかして薬を
投与しようとします。これはお医者様が悪いというよりは、
構造的に仕方がないことなのかもしれません。

というのもお医者様もビジネスとしてやっています。薬を
投与しないとお金がもらえないのです。薬を投与すると、
病気は治るものも治らなくなります。そうすると患者さんは
再び病院にやって来ます。そこにまた薬を投与するのです。
この繰り返しをすることでお医者様はお金を稼ぎます。

お医者様の中にはこういった構造に気付いている人もいますが、
多くの方はおそらく医大で、薬を投与することで病気は治る、
という教育を受けているので、投薬することに対して何の
抵抗もないのでしょう。

しかし、人間の体は薬を投与されることに慣れていません。というか
なれる人間の体はありません。薬というのは人間界には存在しない
成分です。それを人間の体に投与するというのは、体に大きな負担を
強いることに他なりません。

そういったことを続けるよりも、中から体を綺麗にしていくことの
方がはるかに大事であり、本質できであり、そして継続できること
なのです。

ですので、ニキビ跡の赤みが頬にできてしまい、それを消したいと
思っている人は、まずは自分の体内に何を入れているのか、要は
食事面を見なおしてみてください。

添加物、砂糖、油、こういったものをとり過ぎていないか、そして
睡眠は不足していないか。こういったことを一つ一つ見直していく
ことこそが健康、そして綺麗な肌につながります。最後にストレスも
非常に大きな負担になることを付け加えておきます。


ラベル:
posted by ニキビ跡 赤み at 21:26| Comment(0) | ニキビ跡 赤み 頬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。